侘びの世界へ―Flower's Topology

アルバムのリリース時期見合わせのお知らせ

アルバム『舞踏へ、バニー』のリリース時期をこれまで「2016年夏」と予定していましたが、諸事情により、当面リリース時期を白紙、見合わせることにしました。申し訳ございません。

いったい何が起こったのかと言いますと…なるべく簡潔に説明したいと思います。

話は3月中旬に戻るのですが、3月中旬、自宅スタジオのメインPC内で使用しているPro Toolsで、一部のAAXプラグインが読み込めないことに気づきました。この時点で複数の原因が考えられました。
第一に、読み込めないプラグインのライセンス認証アプリの不具合。第二にプラグインのアプリ自体の不具合。第三にPro Toolsの不具合。
これらを解決するにあたって、まずネットワークの設定をチェックし、ライセンス認証に影響を与えていないかを確認して、余計なネットワークが介在しないよう設定し直しました。その後、各アプリの削除、再インストールをおこないました。ここまでで数日を要しました。
そうしてPro Toolsを起動させたところ、それでもまったく改善できず、一部のAAXプラグインが読み込めない状態のままでした(私はこの時、ある単純なことに気づいていませんでした)。

こうしたトラブルを経験した方なら分かると思いますが、Pro Toolsでプラグインが読み込めないというのは、ミキシング等がまったくできなくなることを意味します。それも主要なプラグインなら尚更です。この緊急事態に私は正直、胃が痛くなりました。

さてこの事態を何とか打破すべく、もう1台のサブPCを使って、ネット検索で情報を掻き集めました。そうしたところ、今度はサブPCの挙動までがおかしいことに気づきました。スタートアップのアプリが起動されないというエラー。
この時私は、たいへんなミスをしでかしました。一部のアプリを削除してしまったのです。そうすると今度はWindows 10がまともに起動できず、セーフモードでしか起動できなくなり、Windowsの復元を試したところ、これがかえって良くなかったらしく、ブラックアウト。その後数日かけてOSの修復を試みたのですが、結局、ハードディスクが完全に読み込めなくなってしまいました。

メインPCでのプラグインの不具合。
サブPCの完全なる消滅。

こうして結局、サブPCの買い換え→膨大なアプリのインストール作業→バックアップファイルの移行に時間を費やされ、今月に入ってようやく元の制作体制に戻ることができ、再びメインPCでの、プラグイン問題の修復作業に取り掛かることができました。

プラグインの問題は実は単純なことが原因でした。プラグインのスタンドアローンを立ち上げたところ、Windowsのある2つのディレクトリが破損していることが分かりました。
そうなると解決方法は簡単で、Microsoftサイトからそれらのディレクトリをダウンロードし、インストール。OSを再起動。これにより、スタンドアローンはもちろんのこと、Pro ToolsでもAAXプラグインを正常に読み込むことができました。

そもそもの遠因としては、Windows 10へのアップグレードの問題やアップデートによる様々な不具合の発生、ということがユーザーを不穏にさせ、それを解消しようと自前で設定をいじくる、というところからかえってトラブルを増幅させてしまう面があるように思われます。OSとしても改善の余地があります。
ただし私の場合、それとは別に、アルバム制作という長いスタンスで制作を抱えていると、どうしてもメンテナンスその他が疎かになっていた、という反省すべき点があったと思います。しかし今回、重要なファイルのバックアップを逐一取っていた点で、かなり救われました。日頃のバップアップの習慣がとても重要であると、あらためて感じました。いつPCが駄目になるか分からないのですから。

話が長くなって恐縮です。
サブPCが駄目になって制作に関わる一部のファイルが消失し、またこの数週間にわたる時間的ロスのため、どうしてもアルバムの完成が夏までに間に合わなくなってしまいました。申し訳ありません。完成時期は今のところ、「未定」です。
しかしこのままアルバム制作は継続しますので、『舞踏へ、バニー』は必ず完成させたいと思います。なかなかご期待に添うことができず、たいへん心苦しいのですが、どうかこれからも応援、そしてスタッフの皆様のご協力よろしくお願いします。

追記(2016.07.26):「舞踏のための音楽プロジェクト」はアルバムという形ではなく、ホームページにて随時公開する形に変更となりました。ご了承下さい。

コメント