侘びの世界へ―Flower's Topology

「知らん」―都会のカラスのように

【Cubase Pro 8.5でプログラミングされた「知らん」】
前回に引き続き、プチ・ソング「知らん」のプログラミング作業。

今月初旬から始めたCubaseによる「知らん」のアレンジ作業=プログラミングは、つい昨日、日数としては5日ほどかけて終了しました。今回のアレンジとそのプログラミングについて、振り返ってみたいと思います。

もともと金澤くんの原曲は、アコギによる演奏の“録音デモ”だったのですが、私がそれを耳コピーして楽譜に書き出した時点で、アレンジした「知らん」においてもアコギを使うかどうかは白紙でした。しかし、Cubaseで最初、試しにアコギの音色でコードを弾いてみたところ、それがとてもいい雰囲気だったので、やはりアコギを使うことにしました。今回のアコギは、Ample Soundの「Ample Guitar M II」というソフトウェアを使っています。ギターのモデルはMartin D-41。


【アコギのピアノロール画面。1拍目のずれ具合に注目】
「知らん」のアレンジでいちばん難しかったのはテンポの調整で、ヴォーカルのパフォーマンスが望み通りおこなえる最適な数値を割り出すのに苦労しました。ヴォーカルのグルーヴとリズムとの兼ね合い。これが崩れてしまうと、後々のレコーディングにおいて、ヴォーカルのフェイクなどにも大きく影響を及ぼし、まったくスタイルの違った曲になってしまうのです。

【Battery 4。特定の音のみチューニング】
このテンポの調整と、相対的な問題をはらんでいたのが、アコギでした。ちなみに私のCubaseでのプログラミングの仕方は、メトロノームの音を出しながら曲をREC状態で再生し、部分毎にリアルタイムで弾いていく、といった感じで、その後ピアノロール画面に記録されたノートを必要に応じて修整していきます。Cubaseで使うマスター・キーボードは、「YAMAHA MOXF6」(61鍵)です。
それはそうと、アコギの1拍目の付点4分のタイミングが、わずかに前のめりになっている場合とジャストの場合では、まったくノリが変わってきます。テンポの数値の変更をしていくと、同時にこのアコギの発音タイミングを微妙に修整しなければならなくなり、終始、このアコギの状態を監視するような形となりました。

ところでこの曲のリズムパートは、すべてNative Instrumentsの「Battery 4」を使用しています。最終的に原曲のキーから自身に合うキーに調性変更した際、リズムパートのうちの一つのスタブ・ノイズが、羽目を外した素っ頓狂な音に聴こえたので、その音程を調整する意味で、そのスタブ・ノイズ音だけわずかに音程を下げてチューニングしました。その音はとてもカラスの声に似ていてこの曲においては効果的なので、今回のアレンジによるヴァージョン名を、“Manhattan Crow Mix”とでもしようかと。どこかこの曲は、都会の孤独なカラスを思わせる一面があるのです。

次回とへ続く。

コメント